IMG_2294 (800x600)

家づくりの廃棄物は・・・大きな問題です

5月16日(土)「家づくりの廃棄物はどこに行くの?」勉強会を行いました。

近江八幡市にある産業廃棄物中間処理施設「エコの駅つちだ」さんに伺い、廃棄物処理の説明を伺った後、処理工場を見学させていただきました。

プラスチック類やプラスターボードも、最近は分別した上で再生されたり固形燃料になったり、リサイクルも進んできているようです。しかし、汚れてぐちゃぐちゃになってしまったものや、いろんな素材が合わさった複合材料や塩ビ系の材料は、リサイクルもできず、埋め立てるしかないそうです。           木材はチップにされ、燃料や紙の原料になります。柱や梁などの無垢材からつくられたチップは良い木の香りがしてホッとしました。

一見、性能が良くて使いやすい現代の建材も、処分するときのことを考えると、注意する必要があります。また、分別しやすい造り方の工夫やゴミにならない素材選びを、これから考えていく必要がありそうですね。

IMG_2294 (800x600)

紙の原料になる木材チップ

IMG_2285 (800x600)

こうなると埋め立てになってしまう