改修工事の現場見学会のご案内

日時 2017年8月 19日(土) 20日(日)  随時 (ご都合のよろしいお時間で)
場所 彦根市普光寺町739 (湖岸道路「柳川」の信号を上に上がり川を挟んだ最初のお宅です)
連絡先 090-7346-8725 福川 (来ていただく前にお電話をお願いします)

築56年の瓦葺き・ベニガラ塗の家の全面改装をしています。
4世代6人家族のお宅です。築年数から建て替えをされることもよくありますが、既に水廻りをリフォームされていたことや予算面などを検討し改修することになりました。もう一世代、安心して快適に暮らせることを第一に考え工事を進めています。
耐震補強・・・石場建ての家ですので、限界耐力計算を行い、極稀地震においても倒壊を免れる耐震計画 のもと、新しき柱をたて土壁をつけ、耐震ダンパー・構造用面材等にて補強をしています。また、屋根を軽くするため、瓦をおろし、ガルバリウム鋼板葺きにしています。
断熱改修・・・土壁があり、柱間に断熱材が入りませんので、柱の外部にボード系の断熱材で家を包んでしまう外貼り断熱で施工しています。2階が勾配天井のため、屋根も同様の外貼り断熱です。
窓が肝心ですので、すべての窓を高性能な樹脂サッシに入れ替えています。
劣化対策・・・家がだいぶん傾いていましたので、ジャッキアップをして不陸を直し、沈下対策をしています。また、一部にシロアリの被害・腐朽が見られ、撤去後、コンクリート基礎を打ち改築しました。

木造建築は、各地の古い社寺等を見ても長持ちするのは明らかで、決して鉄骨やRCに比べて短命とは言い切れないと思います。また、新築を建てて住宅ローンに追われるより、予算に合わせたリフォームをすることで暮らしの充実につながる可能性もあると思います。ただ、実際には解体後の状況等により、変更工事・予算調整・工期延長などいろいろな問題・苦労が発生するのも事実です。現場は工事半ばで、よく言うビフォーアフターまではいっていませんが、ちょうど「家の寿命を延ばす」ための工事をよく見ていただけるかと思います。お気軽にお越しください。

有限会社福川工務店 福川康宏

IMG_0182 IMG_0075 IMG_0030 (4) IMG_0056 (2) IMG_0020 (5) IMG_0042 (2)