茅葺き屋根の葺き替え

IMG_3970 (800x600) IMG_3968 (800x600)
「風土木の家」ではないのですが、京都・日吉町で茅葺き民家の葺き替え工事を行っています。
先日、NPO法人古材文化の会の茅葺き体験勉強会が行われました。

茅葺き職人さんの指導の下、竹の下地を縄でくくる、「男結び」を習ったり、茅を葺きあげ縫いこんでいく作業を体験しました。

今はあまり行われなくなりましたが、昔は村の人たちの手によって葺き替えやメンテナンスが行われてきました。縄がくくれれば、難しい道具も技術もいらない誰でもできる作業なのです。

使う材料も近くに生えているカヤ(ススキなど)を使い、葺き替えた古いカヤは田んぼや畑に還ります。(今回はススキより耐久性の高いヨシを主に使っています。)

滋賀県でも茅葺き民家はまだまだ残っています。こういった技術は未来につないでいきたいですね。