永源寺 庫裏とかまどの見学会

img_5129-640x480img_5149-640x480 img_5134-640x480 img_5140-640x480

9月25日、まだ紅葉には早い永源寺ですが、新しくできた雲水(修行僧)さんが暮らす庫裏とそこに造られたかまどの見学会に参加しました。職人の技を駆使してつくられた木造の建物の中に、ストーブの技術を取り入れた新しいかまどが作られています。風土木の家メンバーmaxwood 回渕さんが手がけられました。お湯を沸かしたりご飯を炊いたりお味噌汁をつくったり、雲水さんの修行の一環として料理もつくられるとか。焚口の扉はフィンランド製。タイル割りもばっちりのこだわりのかまどでした!